月刊Stereo主催 第8回自作スピーカーコンテスト 第二次審査 準備

Stereo誌の自作スピーカーコンテスト 第二次審査に向けてスピーカーを発送しなければなりません。
先週末と今日の午後一で吸音材の調整をしましたが、入力が大きくなるとすぐに音が割れていしまいます。
これだと、音楽の友ホールのような大きな場所では鳴らすことができないでしょう。
そこで、今年のオフ会で、Iさんが取り入れられていた超低音カットをすることにしました。
秋葉原にコンデンサーを買いに行ことでスケジュールしていました。
そんな朝です、自宅近所のゴミの集積所のお掃除(ボランティアです)をしていますと、
基盤が捨てられていました。今日は燃やすごみの日ですが、ルールを守れない輩がいるんです。
これを片付けていましたら、220μFの大きなコンデンサーがついていたんですね。
とりあえず基盤をそのままにしておくと、子供や散歩のワンコに危険があるので片付けてみます。
帰ってきて、試しに計算すると、低域カットが6.18Hzといい塩梅です。

じゃあ、繋げちゃうとどうなるかと実験しましたら、音には影響はなさそうです。
ということで仕込むことにしました。
20171111-1
スピーカー線を半田付けして、仕込んでみました。
因みに捨ててあった基盤はこれ。
赤丸の部分にコンデンサーがありました。
何の基盤でしょうね?
20171111-3

このコンデンサーをつなぎますと、きっと大きな音でもスピーカーがビビらないはずです。
自宅では実験ができないので残念です。

でも、この曲「sounds from the ground tendingの the vine とい曲
youtubeはここ

この曲がビビらずに再生できています。
バカでかいコンデンサーの効果が出てきているようです。
このシステム自体が28Hzでも、ダクトが聴いているので、この6.18Hzのカット値は正解かもしれません。

あとは、荷造りして発想だけです。
二次審査が楽しみです!!
20171111-2

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

コンデンサは有極性みたいですが、単体でスピーカーに並列接続ですよね?大丈夫でしょうか?
通常、スピーカーのネットワークにはバイポーラとかノンポーラという無極性の物を使います。
音声出力は+/ーに振れるので正規電圧の逆にも掛かります。
逆接でショートするだけなら良いのですが、液漏れや最悪は爆発なんて恐れも有ります。
コンデンサ自体の耐圧は高い物なので、アンプ出力の逆耐圧位なら大丈夫な気もしますが…

No title

古舘さん
アドバイスありがとうございます。
コンデンサはご指摘のとおり極性があります。
これを無理くり直列で繋げていますが、まずいっすか?

No title

スマホメールで返事しましたが、ここに書かないと無視したみたいになるので、追加で書いておきます。
まず、私の最初のコメントに並列接続と書きましたが、直列でしたね。勘違いでした。

改めてカットオフ周波数を計算してみると220μFと8Ωでは約90Hzとなり、6cmのユニットとは言え、若干高過ぎるような気がします。(耐入力は上がりますが)

逆接続の件ですが
会場で何Wで鳴らすか分かりませんが、広いので、例えば平均1W、ピークで10Wで鳴らしたとすると。10Wでスピーカーにどの位の電圧が掛かるかを計算すると、約9Vrms(rmsは実効値)になりますが、これは実際には+12.6V~ー12.6Vの間で振れます。(ピーク to ピーク)
コンデンサの耐圧が200Vで、割合高いので多少の逆電圧には耐えると思われますが、逆方向に12.6Vの電圧が掛かるのは確かです。この程度だと爆発などは起きないと思いますが、規定の使い方ではないので、どうなるかは予想が付きません。
この様な設計がされると、最初は良くても数年後には故障が起きる可能性が高くなります。
他には液漏れ、ショート、オープン、容量減少などが考えられます。
正常の使い方ではないので、どの程度の影響が有るか(無いのか)は分かりません。

電解コンデンサは電子部品の中でも一番と言って良い位、信頼性が低い部品です。
正常の条件で使っていても容量抜けなどは良く有りますし、中古を使うなら調べてからでないと危険です。
最近はマルチメータといって容量が測れる機器も増えて来ましたが、普通のテスターでは容量などは測れないので、中古や古い物を使うのは極力避けた方が良いです。
プロフィール

マイルスTK

Author:マイルスTK
マイルスTKといいます。
自作スピーカーを楽しんでいます。
Jazz好きオヤジです。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
counter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR