FC2ブログ

Aretha アレサ 永遠に

8月16日に「アレサ・フランクリン」が亡くなりました。
ガンを患っていたことは報道されていました。 アメリカ、世界中で心配していた人はたくさんいます。
とても、残念です。
私も、とても大好きなソウルシンガーでしたので、とても悲しい日となってしまいました。
20180818-1

彼女の大きな足跡の一つの印象深いもので
映画「Blues Brothers」のシーンがあります。
このシーンでアレサが歌う「Think」はものすごくかっこよかったです。
20180818-2
でも、この英語のエンドロールに流れている監獄ロックの2小節ぐらいをシャウトしているアレサがとても良いです。

さて、今日と明日はありったけのソースを用意して
アレサを追悼しましょう。
20180818-3

さような Arertha!!
スポンサーサイト



Stereo誌 2018年 コンテスト05 隔壁切り出し

ボイド管のエンクロージャーでは隔壁も切り出さなければなりません。
今回はMCAPでの設計ですから沢山の円板が必要です。
しかし、今年の酷暑の時期では屋外での作業は危険です。

さて、今日、12日、東京は、曇天、無風、気温常識的な暑さ、と埃、切りくずが沢山出る作業にはもってこいの日です。
朝から、準備をして、自在キリを使った作業に取り掛かりました。
20180812-1

自在キリを使って、必要なサイズ 直径125ミリの円板を切り出します。
この時の自在キリの設定の調整に手間取っていた時期がありました。
しかし、ある時に「切り出した円板をテンプレートにすればいじゃん」と気が付いてからは、
直径100㎜、125㎜の円板を切り出すサイズ調整が簡単になりました。
切り出すサイズの円板に自在キリをセットしすれば、同じ円板が切り出せます。
もっと早く気が付いていれば・・・・・・
20180812-2

MDFの切り出しは割と簡単にできます。
予備の円板も作っています。
右側はバッフル板になります。
ルーターで面取りも必要ですが、これは後程。
20180812-3

バリとり完了
20180812-4

Stereo誌 2018年 コンテスト04 継ぎ手作成 直管

Stereo誌の2018年度のコンテスト 締め切りが12月中旬となり、ペース配分に困っています。
例年なら、9月、10月に行う、スピ研のオフ会に合わせて完成させて、お披露目とマニアの方々の感想をいただくのが、私のペースです。
さて、今年はどうしたものか、
10月のスピ研のオフ会で仕上げ前までもっていって、ご意見をいただくのが良いかなと考えています。
でも、連日のこの暑さ(熱さ)。
屋外での作業は危険です。 室内でできることをチマチマ進めています。


また、ブログにコメントをいただいた、皆さま ありがとうございます。
作業をさぼっていました。お返事できずにすいません、

今日は継ぎ手の作成です。
紙管の継ぎ手を作ります。
同じ内径の紙管。 1つは切れ目を入れます。
20180805-9

切れ目のある方を外側に巻きます。
20180805-1

内側の空いた部分に印をつけます。
これで、紙管の内部の円周長さを外側に印をつけることができます。
これに気が付いた時(ずいぶん前ですが)、無茶苦茶うれしかったです。
20180805-2

引いた線を切り出すほうに残して、のこぎりを入れます。
部品はこれで完了
20180805-3

継ぎ手はこのまま切っていない紙管に中に入れます。
接着は後々
20180805-4

継なぎたい相手側をセットして。
20180805-5

押し込めば2本の紙管を1本につなぐことができます。
塩ビ管との違いは、継ぎ手が内部構造になるので、すっきりすることかな。
20180805-6

この接手部品は12個必要です。
部品数が多いのが今回の作品の特徴です。
20180805-8

切り出した紙管のパーツ。
完成までは捨てずに保管しておきます。
何かの役に立つかもしれません(貧乏性)
20180805-7
プロフィール

マイルスTK

Author:マイルスTK
マイルスTKといいます。
自作スピーカーを楽しんでいます。
Jazz好きオヤジです。

カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
counter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR