FC2ブログ

Stereo誌の自作スピーカーコンテスト 第二次審査 落選

昨晩、Stereo誌の編集部からメールが来ました。
Stereo誌の自作スピーカーコンテスト 第二次審査落選のお知らせでした。

うーーん、残念
視聴をしていたいた後の落選は結構響きます、
一次予選の落選だと「見る目がねえなぁ」との言い訳ができますが、
視聴した後の落選は、言い訳ができませんね(泣)

まあぁ。16日には表彰式にでむいて展示されているところを見ましょう。
それと、仲間内で吞みまくりましょう

スポンサーサイト



今月のレコード入手

このLPもゲットしています
blue note live at the roxy
2枚組のLPです。
BlueNoteとはっても、1500代や4000番台のようなビバップではなく、
どちらかというとファンク、やソウルの雰囲気がただよう演奏が多いです
Jazzも大好き、ソウル、ブルースも大好きな私のとっては気持ちの良い演奏がいっぱいです。
盤はUS盤です。
不思議なことに、2枚組で1~4面までありますが、
1面の裏が4面でした。
なんか不思議な組み合わせです。
US盤の特徴かしら?
20171126-1

Disk Union フリーマガジン

全国のDisk Unionで配布が開始されたフリーマガジンをゲットしました
これはUnionさんがお勧めするCDやレコードをジャンル別に紹介しているものです。
フリーとはいっても、レジでメンバーカードで渡した人の登録をしていました。
合計130ページの立派なものです。
眺めるにはいい暇つぶしになりそうです。
20171125-4
20171125-1

で今週ゲットしたLP
Freddie Hubbard / Stanley Turrentine ‎– In Concert, Volume 2
– Freddie Hubbard, Ron Carterも参加しているライブ盤です
CDは持っていますが、このノリノリのライブをレコードで聴きたくてゲットです
20171125-2

Toots Thielemans Apple Dinple
20171125-3


トゥーツ・シールマンスはハーモニカ奏者ですね
この人で知っている作品はビル・エバンスとの共演「Affinity 」しか、持っていません。
このアルバムは日本企画のようで、共演者は全部日本のミュージシャンで、いわゆる、フュージョンしていました。
調べてみたらけっこなお値段です。
価格(高い!!

最後に、ステレオ誌のコンテスト用のスピーカーは
横浜のFさんのアドバイスにより、コンデンサーを接続しないで発送しました。
ヤマト運輸が荷物を引き取りに来るぎりぎりで配線をし直しました。
Fさん、
ありがうございました。

月刊Stereo主催 第8回自作スピーカーコンテスト 第二次審査 準備

Stereo誌の自作スピーカーコンテスト 第二次審査に向けてスピーカーを発送しなければなりません。
先週末と今日の午後一で吸音材の調整をしましたが、入力が大きくなるとすぐに音が割れていしまいます。
これだと、音楽の友ホールのような大きな場所では鳴らすことができないでしょう。
そこで、今年のオフ会で、Iさんが取り入れられていた超低音カットをすることにしました。
秋葉原にコンデンサーを買いに行ことでスケジュールしていました。
そんな朝です、自宅近所のゴミの集積所のお掃除(ボランティアです)をしていますと、
基盤が捨てられていました。今日は燃やすごみの日ですが、ルールを守れない輩がいるんです。
これを片付けていましたら、220μFの大きなコンデンサーがついていたんですね。
とりあえず基盤をそのままにしておくと、子供や散歩のワンコに危険があるので片付けてみます。
帰ってきて、試しに計算すると、低域カットが6.18Hzといい塩梅です。

じゃあ、繋げちゃうとどうなるかと実験しましたら、音には影響はなさそうです。
ということで仕込むことにしました。
20171111-1
スピーカー線を半田付けして、仕込んでみました。
因みに捨ててあった基盤はこれ。
赤丸の部分にコンデンサーがありました。
何の基盤でしょうね?
20171111-3

このコンデンサーをつなぎますと、きっと大きな音でもスピーカーがビビらないはずです。
自宅では実験ができないので残念です。

でも、この曲「sounds from the ground tendingの the vine とい曲
youtubeはここ

この曲がビビらずに再生できています。
バカでかいコンデンサーの効果が出てきているようです。
このシステム自体が28Hzでも、ダクトが聴いているので、この6.18Hzのカット値は正解かもしれません。

あとは、荷造りして発想だけです。
二次審査が楽しみです!!
20171111-2

ヘッドフォン祭 @中野サンプラザ

Stereo誌のコンテストにコメントいただきましたありがとうございました。
感謝しています。
12月16日は、盛り上がってお酒飲みましょう!!


11月3日、4日は中野サンプラザでヘッドフォン祭といイベントが開かれています。
オーディオの大先輩のOWKさんが出品されているとのことですが、本日は会場に来られないので
お会いできませんでした。
行く気にはならないかってのですが、11月3日はレコードの日ということでDisk Unionの各店で割引がありそうでした。
それではと、中野のUnionさんのついでにサンプラザに寄ってみました。

20171103-1

サンプラザの後ろ姿、中野区民には見慣れた光景です
20171103-2

で。会場内はものすごく盛況です
人気のブースには順番待ちがあって、ヘッドフォンやイヤーフォンの視聴をしている人が大勢です。
ちょっと、気が付いなのは他のオーディオイベントより、女子率が高いですね。
女性だけのグループもちらほら見受けました。

このようなイベントは、私はあまり好きではありません。
色々な機器みるのは面白いのですが、マナーのよろしくない方がホントに多くて好きになれません。(人が)

うっかり入ってしまった「デジ研」の発表では、アナログレコードを子レートビットでデジタル化した音源を
FOSTEXの高いスピーカーと高いパワーアンプを駆使しての視聴をしていました。
音源は、渡辺貞夫の「Nice Shot」
冷静に考えると、技術を駆使して、アナログレコードをデジタル化して聴くなら、そのままレコード聴けばいいじゃん と思い、
帰宅後に同じレコードを、高くないプリメインアンプと、決して高くないレコードプレーヤーを使い、
Stereo誌の付録で作った、スピーカーで聞いたのですが、
彼らの主張する情報量は変わらないような気がしました。
聴く条件が全然違いますが、ちょっと気になりました。

で、広い会場(複数のフロアに分散している)の中で、
唯一、私が気に入ったブースがこれ(笑)
フェンダーのイヤーフォン 結構よかったです。
20171103-3

明日は、Stereo誌の作品の最終調整をします。


月刊Stereo主催 第8回自作スピーカーコンテスト 第一次審査通過

Stereo誌の自作スピーカーコンテストの第一次審査に通過できました。
久々の通過です。
うれしいなぁ~
週末に音質のチェックをして発送しましょう
2次予選も通過するといいなぁ

20170918-2
20170918-3
プロフィール

マイルスTK

Author:マイルスTK
マイルスTKといいます。
自作スピーカーを楽しんでいます。
Jazz好きオヤジです。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
counter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR