FC2ブログ

QNDR 型 スピーカ 第1空気室取り付け完了

第1空気室の取り付けい作業は、平日の夜に少しづつ進めていました。
効率をあげて、5日間の作業で完了しました。
仮止めができれば、ひっくり返して、裏側からしっかりと接着剤を乗せます。
同時に対面の第1空気室の仮止めをしました。
20150628-1
20150628-2

次にストッパー兼、高さ調整のマスキングテープを外して、表面に接着剤を追加して、固定します。
これを繰り返せば、接着が完了します。
20160628-3
20150628-7
20150628-8

ほぼ1周間で4本の第1空気室が接着できました
20150628-4
20150628-10

次に、空気室を取りつけるために開けた穴の端材を捨てないでいました。
この端材にもコンクリートの強化剤を染み込ませていました。
この端材を第2空気室の内側に貼り付けて、補強します。 効果の程は分かりませんが、気休めにはなります。
20150628-5
20150628-9

20150628-6
スポンサーサイト



100円 レコード ユニオン新宿中古センター

中野のDisk Unionさんの月1のレコード100円セールも楽しいですが、あまりにも混雑して閉口することがあります。
たまには、場所を変えての遠征です。
26日には、Disk Union新宿中古センターで100円レコードのセールがありました。
ルールは、黄色ラベル以外で、923円未満のレコードすべて100円です。
ですから、ついている価格が、800円であっても、レジで100円になるルールです。
で、購入した10枚がこれ、
20150627-1

通常の販売価格の合計が6000円を少し超えるぐらいでしたが、会計は1000円(税込価格)です。
中野でのセールと違って、あまり混んでいなくて、しかも分類もしているので迷わず買えます。
とても、心地よくレコードを選べました。
ただし、宝探し感はちっと薄いです
次回も足を運んでみましょう。

QNDR 型 スピーカ 第1空気室仕上げ、取り付け開始

第1空気室の穴うめパテ塗布後に、180番のサンドペーパーで表面を磨きあけています。
その後に、しつこく、コンクリートの強化剤も染み込ませました。
このため表面は綺麗になっています。
20150621-1

次に胴体に穴を開けます、これはスピーカーコード用の穴となります。
20150621-2

バッフル板の接着面が9mmの側面だけです。
ボンド付けで問題はないと考えられますが、念の為に釘を打っておきます。
釘頭が目立たないような知るのk着を選びます。
20150621-3
20150621-4
20150621-5

さあ、第1空気室を本体の第2空気室に取り付けなればなりません。
取り付け方法に悩んだ末の方法です。
まずは、出っ張りの長さを統一させるために、15mm幅のマスキングテープを使います。
このテープの幅分だけ出っ張らせることができます。
第2空気室の穴に第1空気室を填め込むのですが、ストッパーの用途でプラダンを小さく切って、マスキングテープの縁に沿って貼り付ければ、厚みが増しますので、第2空気室の穴に引っかかります。
20150621-6
20150621-7

この状態で、仮止め用にボンドを乗せています。
これでボンドが乾いたあとに、マスキングテープを剥がして、翻訳的にボンドつけをします。
4方向ですので、毎日作業しても、8日間かかる作業が始まりました。
どうしよう~
20150621-8

QNDR 型 スピーカ 第1空気室 ほぼ完成

作業は昨日の続きで、第1空気室の形が完成してきました。
第1ダクトの取り付けとなります。
作業そのものは全く同じです。

ここで大切なのは、4つの第1空気室の共振周波数をずらしているので、組み合わせが違います。
ダクトを釣りつけてしまうろ見分けがつかないので、番号をふっておきます。
2050614-3
20150614-5

後は手慣れたもので貼り付けていきます。
20150614-1

今度は、奥に手が届かないのでコーキング方法が使えません。
で、ボイド管とMDFの境目のボンドの流し込みにはシリンジを使います。
仕事の関係でこのような特殊な形のシリンジが手に入ります。
これなら奥までボンドを流しこむことができます。
20150614-6
20150614-7

組み立てが終わって気になったので、ボイド管とMDFの隙間です。
これは、ルーターを使ってテンプレートの型通りの切り出したのですが、正確性に難があったようです。
技術的に未熟な所以です。
隙間には、パテ埋めをして対処します。
20150614-2
20150614-4

パテ埋めができれば、塗装で何とかごまかせるでしょう。
20150614-8

QNDR 型 スピーカ バッフル板、第1ダクト作成

新作スピーカーのバッフル板を取り付けました。

まずは材料を集めます。
3回ほど。コンクリートの保護剤を塗ってみましたが、物によってほんの少し収縮していろ感じがします。
20150613-1

ここからは、紙管でのスピーカー作りのノウハウがありますのでスムーズに進みます。
まずはチューブの内側にタップリとボンドを乗せます
20150613-3

その上からバッフル板を填め込みます。
この時バッフル板の円周部にも薄くボンドを塗っておきます
20150613-4

ひっくり返すとこんな感じ
20150613-5

ここからが一工夫。
内側のコーナーにボンドを垂らしたとに指で平らに均します。
これは、なおうちの内装工事のコーキングで使う方法です。
見た目のしがり具合ではなく、真の目的は隙間をなくすことです。
20150613-6

これを8個続ければ出来上がります。
同時に第1ダクトも隔壁に接着しました。
20150613-2

QNDR 型 スピーカ 本体加工 2

先週は地方へ出張していたので、(出張風景:ちっと鉄)作業はおやすみでした。

今日は、前回の続きです。
コンクリートの強化剤がいい仕事をしそうなので、すべての材料に塗りこむこととしました。
材料を並べます。
20150607-1
20150607-2

ボイド管の塗り前後です。
きっと強化ができています。 気持ち材料が硬くなっている気がしています。
20150607-3

全部に煮って乾燥を待ちます。
そろそろ、組み立てに入れそうです。
20150607-4
プロフィール

マイルスTK

Author:マイルスTK
マイルスTKといいます。
自作スピーカーを楽しんでいます。
Jazz好きオヤジです。

カレンダー
05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
counter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR