FC2ブログ

玉皮スピーカー 材料切り出し

今回の作品は玉皮と紙管を使ったMCAPシステムにするつもりです。
玉皮の表面の処理がうまくいかないので、気分転換の他の作業をしました。
MCAPを構築するために先日購入したボイド管を切り出ししました。
数個の予備もありますが、これらの管をずべて使うことになります。
筋肉痛が起きています。
624-1

スポンサーサイト



玉皮スピーカー たまみがき その3

1週間かけて柿渋を塗りこんでいますと、球体の表面にしわがよってきたり、小さな亀裂が出てきました。
柿渋を購入した会社のサイト(伊勢形紙おおすぎ)を見いましたら、柿渋には、塗布物の繊維質に吸収され乾燥後に不溶性物質をつくり、収斂性(しゅうれんせい:引き締める性質)を発揮する効果があるそうです。
このため、引き締まってしまった表面に力がかかりシワ、亀裂が生じたと思われます。
シワはサンドペーパーで磨きあげれば解消されますが亀裂は補修が必要です。

対応策として、漆器の漆塗りや桐ダンスの目止めの作業を取り入れました。
それは、柿渋に砥の粉を混ぜて塗りこむことです。
最初は水溶きの砥の粉を塗ろうかと考えましたが、調べてみましたらこの工程を見つけることができました。
ここまで来ると、スピーカーを作っているとは思えなくなってきました。

発生したシワを400番のペーパーで空研ぎしています。
右は作業前のものです。
623-1

砥の粉は手元にあったもので色味はこの際、気にしない事にします。
これを柿渋の中にすこしずつ混ぜて、適度な粘度(これは経験です)になるまで調整します。
623-2
623-4

砥の粉入りの柿渋をボロ布で刷り込むように塗っていき、半乾きになったら乾いた布で拭き取ります。
左側が砥の粉を塗ったものです。
1日乾燥後、400番のペーパーで再度研いてみましょ。
623-3

玉皮スピーカー たまみがき その2

表面の磨き作業をして凸凹を抑えたつもりでしたが、まだ解消されていませんでした。
試しにもっと削ってみましたが、今後は糊付けの甘かった部分が剥がれていてしまいしました。
ここで決断。
もう削らない。表面をツルツルの曲面に仕上げようとしましたが、諦めました。
ここからは数日間、柿渋を塗りこむ作業を続けます。
朝と午後に1回づつ塗りこんでみました。
ちょっと渋めになります。
柿渋の塗りこみは刷毛塗りではなく、ボロ布に染み込ませて強めにこすります。(当然手袋します)
そうすることで、細かい目のサンドペーパーがけの役目も果たすことになります。

昨日のブログにコメンを頂きました重量を測ってみました。
片方で2.6kgでした。
最初の頃の玉皮の重量が600gぐらいでしたので、新聞紙と糊で2kg弱となっていました。
617-1
617-3



玉皮スピーカー たまみがき

新聞紙の積層の糊は木曜日、金曜日の良いお天気で乾燥が進みました。
今日は生憎の雨でしたが玉皮の表面の凸凹を削る作業をしました。

削る前のアップです。
蒲郡玉皮さんの商品は当たりまえですがシワ一つもありませんでししたが、
悲しい素人作業ではこれが限界です。
616-2

で、いろいろなヤスリを揃えて表面を削りとっていきます。
新聞紙の積層後に削って表面を滑らかにすることにしたので50枚の積層をしました。
これて、多少削りとっても新聞紙の層の厚みが薄くなることを心配しなくても大丈夫です。
616-5

120番のサンドペーバーで表面の凸凹を削った後に
180番、240番で表面を整えました。
遠目に見るとぼちぼち綺麗です。
616-6

アップにすると、年輪もしくはマーブルの模様が浮き出てきました。
これから、柿渋を塗りこんで様子を見ましょう。
塗装はまだまだ先です。
616-7



Audio Basic 63号付録

私のAudioの師匠(勝手に自分で言っているのですが)のmcap-crさんが、先日発売されたばかりのAudio Basic 63号の付録について、コメントされている(コメント)ので、私も習ってみます。
考えてみると、今月号だけでは全く使い道が無いんですよね。
9月号(64号)まで、待つしかありません。
611-0

mcap-crさんは、スピーカーの下に引かれていました(コメント)
私は足の壊れたアナログプレーヤーの下に敷いてみました。

まずは、自作したオーディオラックの上にインスレーターを置きます。
611-3
この上に、天然大理石入り人工大理石を乗せます。
大きは40cm四方で厚みは12mmです。自宅から30mほどのところに建築用のタイル・石材店にて購入したものです。かなりの重量はあります。 我が家での本来の使い方は、夏場の暑い時にワンコさんが涼むために買ったものですが、隅が欠かたりしたものを転用しています。
611-4
その上に3点支持で付録のインシュレーターをおいて、アナログプレーヤーのフレームに直接乗せています。
611-6
写真の下にはCDプレーヤーが写っていいますが、同じ大理石版を上下に設置しています。
これは効果がアリました。

mcap-crさんが心配して下さったハウリングですが、通常の音量ではハウリングは置きませんが、ラックを叩けばその音は拾ってしまいます。因みにスピーカーをゴムハンマーで叩いてもその音は拾わないので、
新しくプレーヤー用のインシュレーター脚なしていけそうです。

テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

玉皮スピーカー 資材購入

球体への新聞紙の積層は終了しましたので、第1空気室以外のエンクロージャーの作成もの取り掛かります。
その資材を購入しました。
自宅から徒歩5分ほどのところにプロの工務店の方々が利用する住宅設備機器の販売会社の支店がありまして、
素人相手にも商売してくれています。ときどき、利用させていただいています。
本日のお買い物は、100mmのボイド管です。ホームセンターではないので、切り売りはなく4mのそのものです。
これを購入(1029円、安い!)しまして、徒歩で帰宅した時の写真です。
これから、これを使って色々工夫したいですね。
611-1

玉皮スピーカー 手張り作業 その6 貼り付け完了

新聞紙の貼付けを3週間に渡って根気よくやってみました。
貼りつけた新聞紙の枚数は50層になりました。
ここまで貼り付ければ十分な厚みが出てきましたので貼り付けは終了となります。
梅雨入り前には乾燥まで終わらせたかったのですが、新聞紙の貼り付けを欲張ってしまい今日になりました。
これから、じっくり乾燥させて、表面を磨き上げなかれば。。。

写真は未加工の玉皮との比較です。
見た目でも球体が大きくなっているのがわかります。
610-1

玉皮スピーカー 手張り作業 その5 乾燥 

手張りの作業は貼り付けと乾燥の繰り返しになります。
雨の心配のないときにはベランダにも干してみました
確実に乾燥はできますが、にわか雨が心配で落ち着きませんでした。
0605-1

玉皮スピーカー 手張り作業 その4

今週も新聞紙を貼り付ける作業が続きます。
作業の効率化のために治具を作りました。
とはいっても、すていない、捨てられなかった板を組み合わせただけです。
しかし、この治具が思いのほか使いやすくて、作業がどんどん進みます。
土曜日に10枚、日曜日に12枚貼ることができました。
これて、30枚の新聞紙の層ができています。
ここまできたら、もう少し厚い層を作って見ましょう。
603-1
603-2
プロフィール

マイルスTK

Author:マイルスTK
マイルスTKといいます。
自作スピーカーを楽しんでいます。
Jazz好きオヤジです。

カレンダー
05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
counter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR